ディワリ・イン・ヨコハマとは?


横浜とインド

「ディワリ・イン・ヨコハマ」は、本場インドの「ディワリ」の時期に合わせて開催される、様々なインドの文化を楽しめる横浜インド祭です。美味しいインド料理、インド音楽、インド古典舞踊、ボリウッド映画の劇中で踊られるボリウッドダンス、インド雑貨、ファッションショー、などなど、光の祭典でもあるディワリのフィナーレには、キャンドルライトによる「光の世界/ライトアップ」も実施します。ディワリ・イン・ヨコハマは、年々、横浜らしい集客イベントとして定着してきています。これまで開催されたディワリはこちらを参照ください。インド大好きな皆様には、きっと新しいインドを楽しんでいただけることでしょう。

ディワリとは?

ディワリ
ディワリ

ディワリ(Diwali)は、インドのお正月で、10月末から11月初めのインド暦の第七番目の月の初めの日から5日間にわたり、一年の幸福を祈り、お祝いをするお祭りです。日本の酉の市とお正月をあわせたようなお祭りで、「光のフェスティバル」とも呼ばれます。特に企業家たちは新しい帳簿を作り、一年の繁盛祈願をします。

最初に家をきれいにして ディワリをお迎えする準備をします。

  • 1日目: ダンテーラス 金・銀・ステンレス・メタル製品を新しく購入する。家を準備する。
  • 2日目: チョルティディワリ  家族でディワリ祭をお祝いする。
  • 3日目: ラクシュミー・プージャー(ラクシュミー ディワリの日のお祈りをする)
  • 4日目: ゴーワルダン 山に(私たちを守る)感謝の日
  • 5日目: バーイー・ドゥージュ  兄弟に感謝の日

※正しい発音は「ディーワーリー」(दीवाली)。サンスクリット語では「ディーパーヴリー」。

横浜とインドとの深い繋がりとは?

横浜市とムンバイ市(インド)は、姉妹都市であり、現在、インドの都市と姉妹都市を結んでいる政令都市は横浜だけです。

横浜は、ムンバイとの約48年にもわたる長い交流の歴史があります。横浜はインド商人が日本で初めて営業拠点を設けた都市でもあります。2009年、横浜は開港150周年を迎えましたが、開港の4年後には、すでにインド人が商売を始めていたという史実があります。インドにとって、横浜が日本で初めての経済拠点だったのです。

横浜開港後まもなく、インドの商人の集まりであるインド商協会が、現在の山下公園のそばに設立されました。その後、関係団体が集まり、インドの光に感謝するイベント【ディワリ・イン・ヨコハマ】を毎年10月の第3土日に山下公園お祭り広場で開催するに至ったのです。

history of Diwali

The history of Diwali is replete with legends and these legends are moored to the stories of Hindu religious scriptures, mostly the Puranas. Though the central theme of all legends point out to the classic truth of the victory of the good over the evils, the mode of their presentation and the characters differ. Diwali, being the festival of lights, lighting the lamp of knowledge within us means to understand and reflect upon the significant purpose of each of the five days of festivities and to bring those thoughts in to the day to day lives.

Hindu Mythology

The Story of Rama and Sita: Lord Rama was a great warrior King who was exiled by his father Dashratha, the King of Ayodhya, along with his wife Sita and his younger brother Lakshman, on his wife’s insistence. Lord Rama returned to his Kingdom Ayodhya after 14 years of exile, in which he put an end to the demon Ravana of Lanka, who was a great Pundit, highly learned but still evil dominated his mind. After this victory of Good over Evil, Rama returned to Ayodhya. In Ayodhya, the people welcomed them by lighting rows of clay lamps. So, it is an occasion in honor of Rama’s victory over Ravana; of Truth’s victory over Evil.

The Defeat of Narkasur by Lord Krishna: Lord Vishnu in his 8th incarnation as Krishna destroyed the demon Narkasura, who was causing great unhappiness amongst the people of the world. Narkasura was believed to be a demon of filth, covered in dirt. He used to kidnap beautiful young women and force them to live with him. Eventually, their cries for rescue were heard by Vishnu, who came in the form of Krishna. First, Krishna had to fight with a five-headed monster who guarded the demon’s home. Narkasura hoped that his death might bring joy to others. Krishna granted his request and the women were freed. For Hindus, this story is a reminder that good can still come out of evil.